ギター基礎知識

誰でもわかるカポタストの選び方・使い方!おすすめカポもご紹介!


こんにちは、DAICHANです!

今回は、アコースティックギターを弾く方にはもはや必須ともいえるカポタストの選び方やおすすめカポタストのご紹介をいたします!

初心者の方目線を中心に、どういった演奏をする方がどのカポタストが合うのかを書いていきます。
楽器店に勤め様々なカポタストを見てきた観点から、具体的なおすすめカポタストもご紹介いたします。

それではよろしくお願い致します!

カポタストを使うメリット

 

カポタストのメリット

・押弦(コードの押さえ方)を簡単なポジションに出来る

・自分の歌の音域に合わせて簡単にキーチェンジ出来る

この2つです!

 

特に弾き語りに重宝され、アコースティックギターを弾いている方にはマストアイテムと言えます。

エレキギターでもたまに使用する事がありますね!(例:RADWIMPSの前前前世etc)

「じゃあカポタストってどうやって選べば良いの?」

「種類がたくさんあり過ぎてわからない!」

 

という方へ5種類に分けてご紹介いたします。

 

どれを選べば良いの? 先に結論!

初めてのカポタストはバネタイプがおすすめ

初めてカポタストを買う方や大多数の方におすすめなカポタストは「バネタイプ」です。
その中でも特にオススメなのがKyser(カイザー)のカポタストです。

まずはこれを揃えれば問題ないでしょう!

・なぜ「バネタイプ」が良いのか

・他のタイプとの違いは何か

 

を中心に解説していきます!
また、「カポタストってどうやって付けるのが良いの?」「フレットの間のどの辺りに付けるのがベスト?」という疑問にも最後に答えていこうと思います。

 

カポタストの種類 5タイプ

カポタストは大きく分けてこの5種類に分けられます。
この5種類がそれぞれどういった方に向いているか、先に結論からお伝えします!
バネタイプ・・・お伝えのとおり、最初のカポタストはこれがオススメ!手軽に付け外し出来る、現在の定番モデルです。

 

・ネジタイプ・・・主にレコーディングをよくする方に!付け外しは面倒な分、ギターに合わせて挟む圧を調整でき、音程が安定しやすい。

 

レバータイプ・・・バネ型とネジ型の良いとこどりの万能型!その分少し高いので予算を掛けても良いという方に最高なカポタスト!

 

・グライダーカポタスト・・・付けたまま演奏中でも即座に位置を変えられる。主にソロギター奏者の方で曲中に転調するような曲を弾く方にオススメ!

 

・ゴムタイプ・・・昔ながらのゴムを巻き付けるタイプ。付け外しが一手間で圧も調整出来ない分安価ですが、あまりオススメはしません。

 

カポタストの種類の違いによる影響は何か?

種類による違い3つ

・取り外しのしやすさ
    =家での練習やライブでも使用しやすいか

・挟んだ時の音程の正確さ

 =レコーディングに向いているか

・購入金額
 =長持ちするもしくは性能が良いかどうか

この3点が大きく変わってきます!
これを踏まえた上で各タイプを解説していきましょう。

 

バネタイプ

プロもライブで良く使用するバネタイプ。

アーティストの弾き語りライブ映像などをよく見てみると、大半がこのバネタイプのカポタストを使用しています。

現在の定番はコレですので、ギターを始めた方はまずこのカポタストが良いでしょう!

理由は1つ

・付け外しが圧倒的にしやすい=曲によって取り替えやすく、ライブや練習向き

大概の方はレコーディングよりも、練習やライブでギターを弾く方が多いと思うので、この理由から最初はバネタイプがおすすめです!

バネタイプでオススメのカポタスト

Kyser(カイザー)のカポタストです!

これよりも安価なカポタストもありますが

カイザーのオススメの理由

・安価なものより音程が安定しやすい

・しばらく使ってもバネの力が変わりづらい(寿命が長い)

・プロも愛用している安心感

・デザインが豊富

の4つです!
ちなみにエレキギターに使用する場合はエレキギター専用のカポタストもカイザーから出ています。

 

アコギ用のカポをエレキに使うと「あれ?なんか音程が高いな…」となりがちなんですが、微妙にバネの強さや挟む幅などが異なり、ピッチ(音程)が安定します。

 

また、アーティストのライブ映像を見てみるとこのカイザーの独特な形状のカポタストが映る事が良くあります。
実際にカイザーのカポタストを手にしたみるとそういう部分に目がいくようになるので、「あ!カイザーだ!」と使用者の多い事に気付くと思います!

 

ちなみに、私はカイザーのエレキ用アコギ用どちらも愛用しています。

 


カラーバリエーションも非常に豊富
で、好みで選べるのも良いところですね!また、この他にも12弦ギター用やクラシックギター用、弦高の低めなギター用(Low-Tension) など、様々なプレーヤーの立場に立った便利なカポタストを多数ラインナップしています。
ユーザーに寄り添った設計をされているところも、とてもオススメ出来るポイントです。

 

別のブランドでは、G7thカポタストも安定していてオススメですね!
こちらの方がバネが柔らかめですので、「握力があんまりなくて…」という方はG7thカポタストの方が付け外しがしやすいかもしれません。

ネジタイプ

ネジをくるくる回して固定することで、ギターそれぞれのネックの厚さや弦のピッチ(音程)に合わせた調整の出来るカポタストです。

このカポタストが向いているのはこのような方です。

・レコーディングで良く使用する

・カポタストを付けっぱなしにする

カポタストは、挟む力が強いと音程が上がり過ぎ、逆に弱いと音の伸び(サスティーン)がなくなります。

ネックの太い細いなどに合わせて圧力を微調整出来るので、音程が合いやすく、音の伸びもベストにコントロール出来ます。

音にこだわる方はネジタイプが良いでしょう!

ただ、付け外しに少し時間がかかるので、ライブや練習メインの方はバネタイプがおすすめです。

おすすめのネジタイプ

ネジタイプだと、SHUBBのカポタストがおすすめです!

 

エレキ用、アコギ用、クラシックギター用、またその中でも様々な種類があり、ギターに合ったベストな選択が出来ます。

また、通常カポタストを付けると、付けていない時と比べてどうしても音の伸びが多少少なくなるのですが、そのあまり影響を感じないカポタストです。

アコースティックギターだとC-1がベーシックでオススメです。

 

 

レバータイプ

バネ型の「付け外しのしやすさ」
ネジタイプの「音のコントロールのしやすさ」

どちらも兼ね備えた万能型のレバータイプ!

 

G7th独自の技術で、レバーを上側にぐぐっと押していくと、圧力を調整しながら離したところで固定されます。

また、外す時はレバーを下に下げるだけ!

しかも、前にも後ろにも突き出ている部分がないので
弦を押さえる左手の邪魔になりづらい!というのも大きいですね。
また、ネックの裏側に当たる部分に加工がされており、通常のカポタストよりもギターが良く鳴ってくれる工夫がされています。

とても使いやすく、様々な場面で使えるのですが、ハイスペックな分値段が上がります。

加えて、付け外しは簡単ですが、瞬時に切り替える事は苦手なので、曲の大サビで転調したから即座に切り替え!みたいなことは出来ないです。
あくまで曲と曲の間で切り替えがしやすいタイプなので、曲中で変えたい場合は挟み型や下記のグライダーカポを使いましょう!

予算さえ合えば、ベストな選択になりますね!

レバータイプのおすすめ

G7thです!
G7thのパフォーマンスカポタストのみこの方式を採用しています。

グライダーカポタスト

グレッグベネットから出ているグライダーカポタストです。

いわゆる「アイデア商品」ですね!

メロディとコードを同時に弾く「ソロギター」では、開放弦を上手く使いながら弾いていく場合が多い為、例えば大サビで盛り上がって半音上に転調!という曲に対応が難しくなってしまいます。

そんな時にグライダーカポタスト!

ちょっとした隙に弦を鳴らしている右手か、左手の親指でサッと動かして演奏中にカポタストをずらす事が出来ます。

例えば3フレットに付けていて大サビで半音上に転調する場合は、4フレットにずらしてあげると、左手は全く同じ押さえ方で引き続き弾けられます。

そういった場合に最適なカポタストです。

付け外しは硬めで多少手間はかかる分、外さずともずらせるので、主にソロギターを演奏される方はひとつ持っておくと演奏の幅が広がって楽しいですよ!

ソロギターはあまり弾くわけではありませんが、面白い!と思い私もひとつ所持しています。

グライダーカポタストのおすすめ

グレッグベネットの純正品がおすすめです!

安価なコピーモデルもありますが、ネックが細めだったりするとバネの力が弱いため音がビビるというレビューも散見されますので、「失敗したくない!」という方は純正品にしましょう。

 

ゴムタイプ

こちらは昔ながらのゴムを巻き付けるタイプ。

昔のリーズナブルなアコギ初心者10点セット!などのセット商品に含まれていたイメージです。

(現在はギターのセット商品にもしっかりバネタイプのカポタストが入ってることが多いです)

もしもゴムタイプを選ぶとしたら理由はひとつです。それは

・あの頃を思い出したいから

これに尽きます。
昔ゴムタイプを愛用していて、久々にギターを再開した時に「あの頃のカポタストがまだある!」とテンションが上がり、ギターのモチベーションに繋がる場合はゴムタイプが良いでしょう。

取り付けが一手間だったり、圧力のコントロールもあまり出来ないので、思い入れのある方以外は避けておくのが無難です。

メリットは安価であるという一点のみですが、最近はバネタイプでも1000円を切るモデルが出ていますので、「どうしても予算的に安い方が…」という方はリーズナブルなバネタイプを買いましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「カポタスト、どれを選べば良いのかわからない…」という方へ少しでも手助けになればと思っています。

改めて、カポタスト選びの結論!

最初はバネタイプ!おすすめはカイザー!

その他は用途に合わせて買い足したり、予算があればレバータイプにしたりしていきましょう。

 

最後にカポタストってどの位置に取り付ければ良いの??というところに答えて終わろうと思います!

カポタストの取り付け方・使い方

カポタストを取り付ける場合、楽譜に「capo=(数字)」という記載があります。

例えばcapo=4という記載があれば、3フレットと4フレットの間に、カポタストの長い方を表側にして取り付けます。

カポタストを付けた時はチューニングしなおす?

しましょう!

カポタストはバネの力などで弦を押さえこんでいますので、押さえ具合によっては微妙に音程が高くなります。
元々正確にチューニング出来ていたとしても、カポタストを付けた時の音程が少しズレる場合があります。

私がオススメしている、音程が安定していて付け外しもしやすいKyser(カイザー)のカポタストでさえ、ギターとの相性や付ける位置によっては音程が微妙にズレる場合があります。

カポタストを取り付けた後は、一度音程のチェックをチューナーで行いましょう!

誰でもわかるカポタストの選び方・使い方!おすすめカポもご紹介! こんにちは、DAICHANです! 今回は、アコースティックギターを弾く方にはもはや必須ともいえるカポタストの選び方やおすすめカ...




 

じゃあ3フレットと4フレットの間のどの辺りに付ければいいの??

意外とフレットとフレットの間は長さがあるので、どこに付ければ良いのかというところですね。

 

カポタストを付ける時のベストな位置は??

カポタストを付ける位置によって微妙に音程が変わります。
音程のズレが大きいと、聴いてて「なんか変な音だなぁ」と弾く人も聴く人も演奏に集中来なくなってきてしまいます。

さらに言えば
・カポタストの挟む力(機種の違い)
・ギターのネックの太さ
などによって音程の変わり方は様々ですが、

結論は、例えばcapo=4の場合は4フレットに近い方が音程が安定することが多い!です。

 

ただ、近過ぎるとコードが押さえづらい場合もあるので、ピッタリはくっつけず微調整しましょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

「カポタストってどう選べば良いの…?」「違いが全然分からない!」という疑問が少しでも解決出来たら嬉しいです。

皆さんのギター生活が幸せなものになりますように。
最後までご覧いただきありがとうございましたー!!

ABOUT ME
daichan
daichan
音楽制作の専門学校卒→音楽関係の会社員として勤務。 アコースティックギターを始めたばかりの方と一緒に演奏する機会が多く、「どうしたら挫折せず長続きできるか」「最短でギターの楽しさを実感できる方法はないか」と考えて作成した独自の『簡単コード』の紹介を中心に記事を更新していきます。
こちらの記事もおすすめ